読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽島のおもちゃ箱

音楽とかゲームとかの雑記

のだ。

ついこの前バカボンの記事を書きました。

今日もバカボンのパパの記事を書きます。

僕の世代で天才バカボンを見たことがある!という人はどれくらいいるのでしょうか。

天才バカボンの登場キャラは過激な人が多く、拳銃を打ちまくる本官さんや、バカボンのパパにいたっては平気な顔で人を殺します。

Twitter

「はぁ…辛い…」とでもつぶやくと

「ならば死ねばいいのだ。辛くなくなるのだ」

「死ねばいいのに」とつぶやくと

「ならば殺せばいいのだ」

「全然眠ってない。」とつぶやくと

「ならば死ねば永遠に眠れるのだ」

といい、問答無用で殺すやばい人です。

でもなんか想像したらなんとなくスッキリしませんか?

理屈の通らない主張や炎上商法まがいなことを言うコメンテーター、著名人を動機もなく「ならば死ぬのだ」で片付けるんですよ。

イムリーな話をしますと、五輪閉会式の日本のあの動画(マリオとかキティーちゃんが出るやつ」にケチをつけている人びとに

「ならばお前が作ればいいのだ。早く作るのだ」

と強制的に動画を作らせ

「お前の方がつまらないのだ。」

と一蹴してくれる訳です。

でもまぁ、バカボンのパパみたいな人と関係は持ちたくないですけどね。

ばいばいきん